« 2008年9月 | トップページ | 2009年3月 »

2008年10月 9日 (木)

広島といえば。。

香川といえば「うどん」であるように、広島といえば「お好み焼き」である。

というわけで、先日広島へ出張する機会があったので、「お好み焼き」を食べてきました。

広島風お好み焼き

え?「お好み焼き」に見えない?
そうですね。知人にこの写真を見せたら「ケーキですか?」と言われました。
確かに、光の加減でソースが赤く見えるので、まるでイチゴソースみたい!?

「広島風お好み焼き」の基本は「肉玉そば」ではないかと思います。
その上に、様々な「トッピング」を「お好み」で選んで乗せていくことができるのです。

広島は「牡蠣」も有名ですが、残念ながら私はちょっと口に合わないので遠慮しました。(^^;)

今回注文した「ねぎかけ」は、以前から結構憧れていたのですが、いつも注文する時は忘れていて、他の人が注文しているのを見て「しまった」と思うことが度々。。
というわけで、今回は、念願の「ねぎかけ」です。

あと、写真にはもう一つ「白いもの」が乗っていますね。
これは、どうもこの店のオリジナルみたいで、他の店では見かけたことがありませんでした。
普通「ソース」はかけない食べ物ですが、意外な組み合わせがとてもおいしく、大満足です。(*^_^*)


ところで、広島風お好み焼きは、関西風と違って「一体」ではなく、それぞれの部分が「重なって」いるだけなので、食べるときに「バラバラ」になってしまいます。
(単に私が下手くそなだけか?)
誰か、上手に(きれいに)食べる方法をご存知でしたら、是非お知らせください。
次回、機会があれば試してみたいと思いますので。(^^ゞ


さて、問題です。この「白いもの」は何でしょう?

答えは、気が向いたらコメントか次の記事に書きます。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年3月 »