« あこがれの「神戸のステーキ弁当」 | トップページ | IE8にすれば、EPSON Web-To-Page は不要だ! »

2009年5月 7日 (木)

Windows7 RCが公開されたので、早速使ってみた。

Windows Vistaが発売して約2年が経過し、そろそろ次期バージョンの Windows7 が話題に上ることも多くなってきました。

実はベータ版が公開された今年2月頃には、さして興味もなかったのですが、先日、Atom230搭載のベアボーンが安く手に入ったので、では話題のWindows7を。。と思ったのに、すでにダウンロードが終了していて、残念な思いをしていたのです。

そこへ、連休明けの5月7日に、Windows7 RCが公開されるという情報がもたらされました。
この連休は、比較的時間が取れそうだったのですが、「連休明け」じゃ仕方ないなぁ。。


ところが、昨日(5月6日)、某所(笑)で、以下のような記事を発見!
Windows7 日本語版ダウンロード

> 新しもの好きで明日することがなくて、パソコンが一台余ってるような人にはちょうどいいかも。
って、私のことですか!?

記事では英語版のページが紹介されていましたが、リンクをたどったら、ちゃんと日本語のページが用意されていました。※
64bitと32bitがあったので、勢いで64bitをダウンロード。(笑)
はて?Atom230って64bit対応してたっけ?(←仕様も確認しないで買うな!)

※ 後で確認したら、どうもWindows7 RC の日本公開が1日早まったようです。


そんなこんなでインストールしてみたら、何の問題もなく起動してくれました。

Windows Vistaと比較すると、まず起動画面の4つの光が集まってWindowsロゴになるあたりがカッコイイ!(笑)
デザインは少しずつ洗練されてきているようですね。

ただ、タスクバーが太くなって、情報量は増えたけど、スタートボタンの丸とのバランスは、Vistaの方が好みかな?

→ これは、「小さいアイコンの使用」にチェックを入れたら、Vistaと似たイメージになりました。
あと、タスクバーのボタンを「タスクバーがいっぱいの場合に結合」にすると、Vistaと似たイメージに、「結合しない」にすると、XPと似たイメージにできるようです。

以前のバージョンと同様に使えるというのは、重要なことですね。


また、「電源ボタン」の表示が「シャットダウン」になって、わかりやすくなりました。
設定で「スリープ」や「休止状態」にも変更できるようです。

Windows7_desktop


噂には聞いてましたが、なんとメールソフトが付属していません!
そこで、Windows Liveメールをインストールすることにしましたが、他のLiveアプリケーションも一括でインストールできるようです。

インストールする製品を選択してください
 詳細については、各プログラム名をクリックしてください。
  ■Messenger
  ■メール
  ■フォトギャラリー
  □Toolbar
  ■Writer
  □ファミリーセーフティ
  ■Silverlight
  ■ムービーメーカーBeta

※ ■のプログラムにチェックを入れ、インストールしました。

で、Windows Liveメールを使ってみました。

今までWindowsメールを使っていたので、プレビューウィンドウがメッセージ一覧の右側に表示されているのは、どうもなじめません。

 「レイアウト」-「プレビューウィンドウ(メール)(R)で、
  ■プレビューウィンドウを表示する(W)
  ●メッセージ一覧の下に表示する(B)
にチェックを入れました。

メール送信の形式は、「HTML形式(H)」から「テキスト形式(P)」に変更しました。

これで、以前のWindowsメールと似たような形で使用できそうです。


これも噂では聞いていたのですが、「ペイント」と「ワードパッド」のインターフェイスに「リボン」が採用されていました。「メモ帳」はそのままですけどね。(笑)


IE8になって、「お気に入り」がわかりやすくなりました。
ついでに「印刷プレビュー」ボタンも付けてくれれば良かったんですけどね。※
IE7には、EPSON Web-To-Page は不要か?参照

※ ツールバーのカスタマイズで「印刷プレビュー」ボタンを表示して、ツールバーを右クリックして「カスタマイズ」-「テキストのラベルをすべて表示」を選択すれば、「大きなボタン」にできるようです。

ただ、「お気に入り」のすぐ右にある「お気に入りバーに追加」をクリックしても、「お気に入りに追加」できなくて、少々慌てたのは内緒です。似たような別機能のボタンを、似たようなところに配置するのは、考え物ですね。


あと、ウィルス対策ソフトを入れておかないと不安なので、AVG Free8.5をインストールしてみました。
64bit版でも問題なくインストールできたようです。

その他、気がついた点があったら、またレポートします。

|

« あこがれの「神戸のステーキ弁当」 | トップページ | IE8にすれば、EPSON Web-To-Page は不要だ! »

コメント

私も先週の土日を使い、Windows7 RC入れてみました。
好奇心と、私のホームページは特殊なのでWindows7でも見られるか?試さないといけませんからね

入れたパソコンは、VistaのHomeBasicが
何とか起動する奴で、あまりの遅さにそのまま使う気にならずXPに戻した機体です。

クリーンではなくXPからはエラーで出来ないとのメッセージだったので、しかたなくVistaにアップデートしたらDVDがドライバーの関係で読めなくなり
HDを入れ換えて外付けしてDVDの内容をDドライブへコピーしHDを戻して
Dドライブからアップデートを行ったのですが、数時間後に止まりました。
互換レポートにあったソフトを削除して再度トライすると、何とかWindows7 RCが起動しました。

試した結果、XPのIE7で落ちる、IE8では一旦落ちた後開き直していた私のホームページが、全く落ちる事もなくスムーズに開きました。(これで当分放置できます。)

Windows7のIE8には、IE8以前用に作られたHP互換機能が追加されているそうで好感触です。

でも全体的に私のパソコンでは、やはり反応が遅いのでWindows7が求めるスペック以上のパソコンが必要ですね。

投稿: 嶽 | 2009年8月 2日 (日) 11:48

割当IPアドレス(FQDN名): 219.102.48.59 (pl059.nas948.p-osaka.nttpc.ne.jp)

このIPアドレスの管理者: InfoSphere (株式会社NTTPCコミュニケーションズ)
この管理者の組織:
このIPアドレスの割当国: Japan

投稿: ク×ニマスター!!!!! | 2009年9月 6日 (日) 11:47

割当IPアドレス(FQDN名): 218.218.153.136 (nwtfa-03p4-136.ppp11.odn.ad.jp)

このIPアドレスの管理者: オープンデータネットワーク(日本テレコム株式会社)
この管理者の組織:
このIPアドレスの割当国: Japan

投稿: 楽してなんぼ!!!!!! | 2009年9月14日 (月) 17:44

割当IPアドレス(FQDN名): 219.111.122.129 (129.122.111.219.dy.bbexcite.jp)

このIPアドレスの管理者: エキサイト株式会社
この管理者の組織:
このIPアドレスの割当国: Japan

投稿: ふぇあっだぁおおおおあwwwwwwww | 2009年9月19日 (土) 03:22

割当IPアドレス(FQDN名): 218.226.20.111 (ntoska041111.oska.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp)

このIPアドレスの管理者: InfoWeb(富士通株式会社)
この管理者の組織:
このIPアドレスの割当国: Japan

投稿: 持っち持ちー♪♪♪♪ | 2009年10月11日 (日) 10:44

割当IPアドレス(FQDN名): 218.226.21.238 (ntoska042238.oska.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp)

このIPアドレスの管理者: InfoWeb(富士通株式会社)
この管理者の組織:
このIPアドレスの割当国: Japan

投稿: イッテーーー!!! | 2009年10月22日 (木) 04:48

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows7 RCが公開されたので、早速使ってみた。:

« あこがれの「神戸のステーキ弁当」 | トップページ | IE8にすれば、EPSON Web-To-Page は不要だ! »