« Spybotよ!お前もか? | トップページ | 証明書エラーでホームページが表示できません! »

2009年8月 5日 (水)

Word2007で外字が使えないという、Microsoftの罠!(笑)

Word2007で外字が使えないという相談を受けた。


私自身、外字は使用していないが、以前、「筆まめ」で、あて名印刷を行う際に外字を使いたいという希望があり、「外字エディタ」で外字を作成したおぼろげな記憶はある。


で、まず「外字エディタ」を開いてみようと、スタートメニューの「アクセサリ」を開いてみたが、「外字エディタ」が見つからない。
で、スタートメニューの検索窓に「外字エディタ」と入れてみたが、やはり見つからない。
ネットで検索してみると、次のような記事がみつかった。

■■ VISTAでの外字について ■■   トラブル解決方法

> VISTAの中に外字エディタはありますが、メニューなどには現れません。
> 外字エディターはeudcedit.exeという実行ファイルです。 通常、C:\Windws\System32内にあります。これを直接実行しても良いのですが、何度も使用しますから、ディスクトップ上にショートカットを作成しておくと便利です。

なるほど、これでは発見できないわけだ。
(「ディスクトップ」じゃなくて「デスクトップ」じゃないかというツッコミは置いておいて。。)

早速スタートメニューの検索窓に「eudcedit.exe」と入力して、外字エディタを呼び出した。


とりあえずテスト用に、コード番号F040を選択して適当な外字を作成し、「同じコードで保存」を選択して保存し、外字エディタを終了。
Word2007で「がいじ」と入力して「F5」を押すと、IMEパッドの外字が開く。(聞きかじり)
さっき作成したばかりの外字が表示されているのでクリックすると。。

問題なく入力できるじゃん!

相談者の話によると、IMEパッドの外字をクリックしても、全く違う文字が入力されてしまうとのこと。

で、先ほど検索で見つけた記事を読み返してみると、それらしい記述が。。

> ●外字が正しく表示されないトラブルについて
> 外字が文字化けする場合があります。詳細は下記のサイトで。(方法1を実行)
> http://support.microsoft.com/kb/930276/ja
> 私の環境でも、目的の外字が表示されずに、別の変な文字が表示される状態になりました。このサイトの通りやって、うまく外字が表示されるようになりました。
> 原因は、「外字が中国語フォント MingLiU_HKSCS に自動的に置き換えられ、外字が正しく表示されない」というものです。

どうも、この症状みたいですね。

そこで、この記事のリンク先の、
http://support.microsoft.com/kb/930276/ja
を確認してみると、

> 回避策
> 2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 をインストールします。

おそらくこの記事が書かれた時点では「SP2」が公開されていなかったので、「方法1」のような面倒な操作が必要だったのでしょう。現在なら、「SP2」で解決できるようです。

※ Windows VistaのService Pack 2(2009.8.5時点未公開)ではありませんので、ご注意ください。


私のWord2007のバージョンを確認してみると、確かに「SP2」になっています。
ちなみに相談者のバージョンは「SP1」でした。

私の場合は、自動更新で「SP2」になっていたようですが、以下のサイトからダウンロードすることもできます。
http://support.microsoft.com/kb/953195/


とりあえず、「罠」にはまらないためにも、Microsoft Updateは行っておいた方が良いみたいですね。。

もっとも、Microsoft Updateによって別のトラブルが発生する可能性もなくはないので(微妙な表現)、大切なデータはこまめにバックアップしておくことをお勧めします。 (*^_^*)

|

« Spybotよ!お前もか? | トップページ | 証明書エラーでホームページが表示できません! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Word2007で外字が使えないという、Microsoftの罠!(笑):

« Spybotよ!お前もか? | トップページ | 証明書エラーでホームページが表示できません! »