« 2011年9月 | トップページ | 2012年7月 »

2011年10月18日 (火)

三井住友銀行を騙る詐欺メールに注意!

私のフリーメールのアドレスに、こんなメールが届きました。

 件名:sen-nin三井住友銀行より大切なお知らせです

差出人のドメインは @smbc.co.jp になってますが、申し込み入り口のリンク先は direct-smbc.8800.org になってます。
これは明らかなフィッシング詐欺メール!!

8800.orgって、ドメイン管理者中国人みたいだし。。

そもそも、私は三井住友銀行に口座持ってないし、銀行取引にフリーのメアドなんて使いません!

何より、件名のsen-nin(原文のまま)って何だよ!

メアドからコピーしたんだろうけど、本当に銀行からのメールならちゃんと本名載せるでしょ?

読者のみなさまも、「いかにもこんな怪しい」メールに騙されないようご注意ください。


以下、メール全文です。

-------------------------------------------

sen-nin三井住友銀行より大切なお知らせです

-------------------------------------------

2011-10-16

-------------------------------------------


三井住友銀行ご利用のお客様へ


三井住友銀行のご利用ありがとうございます。

このお知らせは、三井住友銀行をご利用のお客様に送信しております。

この度、三井住友銀行のセキュリティーの向上に伴いまして、SMBCダイレクト暗証カードを再発行する事になりました。

再発行手続きは下記申し込み入り口から入り必要事項を記入し送信お願いします。

             "申し込み入り口"

再発行のカードは後日郵送で届きますので到着までは現在の確認番号カードをお使いください。

この手続きを怠ると今後のオンライン上での操作に支障をきたす恐れがありますので、一刻も素早いお手続きをお願いします。


三井住友銀行


続きを読む "三井住友銀行を騙る詐欺メールに注意!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

私がiPhone4Sにした理由は、DoCoMoが保証に難癖をつけたから!?

携帯のイヤホンマイクが故障したので、修理するより機種変かなと。
で、どうせ機種変するなら今話題のiPhone4Sしかないと、昨日衝動的に某家電量販店で手続きしてきました。

実は数ヶ月前にもiPhone4への機種変を考えたことがあったのですが、私の契約には「2年縛り」がないということがわかり、いつ機種変しても同じだと言われたので考え直していたわけです。

とはいっても、時期が時期だけに、納期は未定というか、いつになるかわからないらしい。
別にどうしてもiPhone4Sにしたいわけでもないし、急ぐ理由もないのだけれど、イヤホンマイクが使えないのはちょっと不便。


P01_2


実はこのイヤホンマイク、DoCoMoからSoftBankに乗り換えるときに、ポイントで2個買った「平型ステレオイヤホンセット P01」というもので、現在6個目。
ステレオで音楽聴きながら電話がかかってきたら切り替えて話せるという優れもの。

なのですが、邪魔なコードを引っ掛けてしまうことが多く、半年くらいでマイクが使えなくなって、最初に買った2個は保証期間内に2個とも無償交換。その2個もやはり半年ほどでマイクが死にました。
使い勝手が良いので、5個目は現金で購入したのですが、これまた半年ほどでマイクが使えなったのです。

で、保証期間内なので修理に出したところ、今度はNTTが「故障原因はコードに強い力がかかったせいだ」と難癖つけて「自然故障ではないので修理不可」と突っ返されてしまいました。その後再調査もむなしく要するに「私の使い方が悪い」ということにされてしまったのです。


続きを読む "私がiPhone4Sにした理由は、DoCoMoが保証に難癖をつけたから!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

NTTを騙る悪質な代理店の電話営業にご注意ください! ある日突然、インターネットにつながらなくなることが。。

昨日から急にインターネットにつながらなくなったとのことで訪問。
NTT西日本のフレッツ光プレミアムで有線接続。PCはNECのデスクトップでOSはXPです。

Internet Explorer を開いてみると、「このページは表示できません」という表示。
ONUやCTUのランプは正常。光電話も問題なく使えます。
スタートアップツールから「NTT西日本からのお知らせ」は問題なく表示できますし、セキュリティ対策ツールのアップデートもできます。

ということは、プロバイダとの接続に問題がありそうです。

そこで、スタートアップツールからCTU設定画面を開こうとしたところ、お客様IDとアクセスパスワードが自動表示になっていません。
お客様にNTTから送られてきた書類を探してもらいましたが、どうも不要だと思って捨ててしまった様子。
と、他の書類に混じって「OCN」からの未開封の書類が発見されました。
早速開封して内容を確認すると、そこにはOCNの認証IDとパスワードが書かれていて、「新プランは2011年7月1日より適用されます」と書かれていました。

お客様に心当たりはないか尋ねたところ、以前NTT(おそらく代理店だと思われる)から電話があって、「インターネットが安くなる」と言われたけれど、そのままで良いと断ったとのことです。

ところが、どうもその悪徳業者は、お客様の同意なしに勝手にOCNの契約を変更してしまったのではないかと思われます。

もしそんなことをすれば、認証ID・パスワードが変更になって再度接続設定をやり直さないといけないなんて説明は一切なしです。(たとえ説明されても、一般のお客様にはわからないと思います。)


インターネットに接続できない原因はわかりましたが、NTT西日本の「お客様ID」と「アクセスパスワード」がわからないと、CTUの設定画面が開けません。116(0120-116116)に電話すれば、本人確認の後折り返し電話で教えてもらえるのですが、既に116の営業時間(17:00)を過ぎているので、明日再訪問することになりました。

一般的なルーターなら、リセットすればパスワードを初期化できるのですが、CTUの場合は特殊な仕様なので、困ったものです。


続きを読む "NTTを騙る悪質な代理店の電話営業にご注意ください! ある日突然、インターネットにつながらなくなることが。。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2012年7月 »