2008年10月 9日 (木)

広島といえば。。

香川といえば「うどん」であるように、広島といえば「お好み焼き」である。

というわけで、先日広島へ出張する機会があったので、「お好み焼き」を食べてきました。

広島風お好み焼き

え?「お好み焼き」に見えない?
そうですね。知人にこの写真を見せたら「ケーキですか?」と言われました。
確かに、光の加減でソースが赤く見えるので、まるでイチゴソースみたい!?

「広島風お好み焼き」の基本は「肉玉そば」ではないかと思います。
その上に、様々な「トッピング」を「お好み」で選んで乗せていくことができるのです。

広島は「牡蠣」も有名ですが、残念ながら私はちょっと口に合わないので遠慮しました。(^^;)

今回注文した「ねぎかけ」は、以前から結構憧れていたのですが、いつも注文する時は忘れていて、他の人が注文しているのを見て「しまった」と思うことが度々。。
というわけで、今回は、念願の「ねぎかけ」です。

あと、写真にはもう一つ「白いもの」が乗っていますね。
これは、どうもこの店のオリジナルみたいで、他の店では見かけたことがありませんでした。
普通「ソース」はかけない食べ物ですが、意外な組み合わせがとてもおいしく、大満足です。(*^_^*)


ところで、広島風お好み焼きは、関西風と違って「一体」ではなく、それぞれの部分が「重なって」いるだけなので、食べるときに「バラバラ」になってしまいます。
(単に私が下手くそなだけか?)
誰か、上手に(きれいに)食べる方法をご存知でしたら、是非お知らせください。
次回、機会があれば試してみたいと思いますので。(^^ゞ


さて、問題です。この「白いもの」は何でしょう?

答えは、気が向いたらコメントか次の記事に書きます。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

名探偵コナン 宮武うどんの「真実はいつもひとつ!」

名探偵コナンというアニメがある。

もう10年以上続いている長寿アニメで、よくネタが尽きないものだと感心するのだが、当然、原作にはない話も作られるし、いわゆる「ご当地もの」も存在する。

今回ご紹介するのは、四国香川県を舞台にした「こんぴら座の怪人」というお話である。

話自体は、「オペラ座の怪人」をモチーフにしたもので、原作を知っていればより深く楽しめるのだろうが、残念ながら私は「オペラ座の怪人」は読んだことがない。(^^ゞ

さて、香川といえば、「さぬきうどん」が有名である。
当然、この話の冒頭に、主人公たちはさぬきうどんを食べる。
その舞台として、こんぴらさんの近くの有名店「宮武」が選ばれた。


「宮武」店内の様子は、スタッフの手によって、かなり詳しく調べられており、忠実に再現されていた。

だが、私の目は、一点に釘付けになった。

「これは、宮武のうどんではない!」

名探偵コナンの「宮武うどん」

さて、みなさんはどこが違うか、お判りだろうか?


続きを読む "名探偵コナン 宮武うどんの「真実はいつもひとつ!」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

その「名」を口にするということ。。

Ikegami_01

かつて、「名前を言ってはいけないあの店」だったはずの店の名を冠した商品を発見した。

その店は、住宅地の中にひっそりと佇む「穴場」的存在だったのだが、その後数多くのマスコミに取り上げられ、一躍有名店になり、最近駐車場を備えた郊外に移転した。

そして私は、その「名」に惹かれ、思わず衝動買いしてしまったのだが。。。


多くは語るまい。
たとえ同じ材料を使用しても、同じ結果が導かれるとは限らないのだから。

ただ、「店主監修」と書かれたその「商品」に対する評価が、その「店」に対する評価に直結するかもしれないということを、商品企画者はどう考えているのだろうか?
その「名」に恥じないだけの品質だと、胸を張って言えるのか?

ま、これも「るみばあちゃん」の収入の一助になるなら、それもまたよしとすべきなのかもしれないが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 1日 (木)

空飛ぶうどん!?

郊外をドライブしていて、ふと道端に目をやると。。

「なんじゃぁこりゃぁ~~! うどんが宙に浮いとるが~!!」

というのはちょっと大げさですが、とにかく笑えました。

いや、仕掛けは単純なんですけど、この発想が。。

動く看板に誘われて、思わずお店に入ってみたくなりますね。(笑)
(実は、地元では、結構評判の良い店だったりします。)

ビデオの見えない方は、こちらをクリック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)